ジュエリーブランド > スイスのジュエリーブランド > ブレゲ (Breguet)

ブレゲ (Breguet)

ブレゲ (Breguet)に関する、様々な情報を取り扱っています。

リング(指輪)・ピアス・ネックレス・ブレスレットなどのジュエリーやアクセサリー情報を幅広くご紹介!




ブレゲ (Breguet)の紹介

ブレゲ (Breguet)は1775年にパリのシテ島で創設されました。

ブレゲ (Breguet)の創設者であるアブラアン・ルイ・ブレゲ (Abraham Louis Breguet)は天才時計技師と言われ、自動巻き機構、ミニッツ・リピーター、衝撃吸収装置、永久カレンダー、ブレゲひげゼンマイ、トゥールビヨン機構、スプリットセコンド・クロノグラフ、ブレゲ針、ブレゲ数字、ダイヤルのギョーシェ彫り等、現在の時計に無くてはならない様な機能や機構を次々と開発しました。

当時の時計は、懐中時計が主流であり、非常に高価な代物で、時計を所有できる人間は王族や貴族などの上流階級に限られていました。時計は装飾品、すなわちジュエリーの様なものと位置づけられ、時間を知る為の道具である時計と装飾品、ジュエリーとしての美を兼ね揃えた時計をブレゲ (Breguet)は生み出しました。

ブレゲ (Breguet)は、歴史的に名を残した人物に愛用され、ブレゲ (Breguet)を愛した人物として、マリー・アントワネット、ナポレオン・ボナパルト、ロシア皇帝アレクサンドル1世、アレクサンダーフォン・フンボルト、アーサー・ルビンシュタイン、エットーレ・ブガッティ等が有名です。その中でもマリーアントワネットが注文した予算や期間を制限しない、最上で最高をとの時計のオーダーに、ブレゲ (Breguet)が提供したマリー・アントワネットは、非常に複雑な構造で、ブレゲ (Breguet)の技術力を広める素晴らしい懐中時計となっています。

ブレゲ (Breguet)は1970年にCHAUMET(ショーメ)に経営が移り、現在はスウォッチグループが経営していますが、ブランド創設当初より、現在に至るまでブレゲ (Breguet)の技術力はコンセプトが受け継がれ、装飾品、ジュエリーとしての時計と、時間を見知る為の道具としての時計を兼ね揃えた素晴らしい時計をブレゲ (Breguet)は提供しています。

ブレゲ (Breguet)の時計は現在でもとても高価で、セレブや成功者しか持てない時計ではありますが、その装飾品、ジュエリー、芸術品にも近い時計を愛して止む無いユーザーは多いです。

尚、ブレゲ (Breguet)の創設者であるアブラアン・ルイ・ブレゲ (Abraham Louis Breguet)は、「時計界の発明王」、「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」、「時計の歴史を200年早めた人物」等と称されています。

ブレゲ (Breguet)の取り扱い装飾品・宝飾品

リング(指輪)、アンクレット、イヤリング、ネックレス、ピアス、ペンダント、ブレスレット、ブローチ、ラリエット

ブレゲ (Breguet)のショップ情報

現在調査中

ブレゲ (Breguet)のオフィシャルサイト

http://www.breguet.com/